淀川の野草
カラスノエンドウ(烏野豌豆)f0063363_19414748.jpg
α-7DIGITAL with AFマクロ100mmF2.8
上の花の花びらの所に虫がいます。撮影中はまったく気付きませんでした。
たぶん、前回登場のナナホシテントウムシの好物のアブラムシでしょう。
背景の枯れ草のようなもの、邪魔です。掃除してから撮ればよかったですね。





ホトケノザ(仏の座)f0063363_19425486.jpg
α-7DIGITAL with AFマクロ100mmF2.8
春の七草の中の一つ。

ホトケノザ(花の部分をアップで)f0063363_19434358.jpg
α-7DIGITAL with AFマクロ100mmF2.8

ナズナ(薺)f0063363_19442792.jpg
α-7DIGITAL with AFマクロ100mmF2.8
ペンペン草といった方がわかるかも知れません。
中国では止血剤、ヨーロッパでは通風、赤痢などの薬として使われているそうです。

オオイヌノフグリ(大犬のフグリ)f0063363_1945275.jpg
α-7DIGITAL with AFマクロ100mmF2.8
ちょっと露出オーバー。白飛びしています(^^;)


ホトケノザは家の近所では咲いてないと思っていましたが、よく見るとあちらこちら
で見かけます。淀川の堤防だけでなく、駅へ行くまでの道端にもありました。
(花は咲いていませんでしたが)
このことを子供に話すと、
「え~っ、お父さん知らんかったん~~~?」
と言われました。
そのうえ、
「どこ見て歩いてるん?」
とのことですわ(^^;) これは娘の発言です。
ということは子供たちは知っていたんですね。
子供の視点というか観察力、すごいです。これは見習わないとダメですねぇ~。


※写真はクリックすると大きくなります。
[PR]
by masa | by masa6521 | 2006-03-30 19:52 | 草花
<< ネモフィラ(スノーストーム) ... かくれんぼ >>