鶴見緑地でオフ会(番外編)
最初にオフ会後半で撮った彼岸花をアップして、考えていた順番と違った順にアップしたので
あぶれた写真を番外編としてアップします。

鶴見緑地のシンボルの風車。春は菜の花にチューリップ、夏はサルビア、秋はコスモス、冬は
行ったことないので知りません^^;たぶん、パンジーじゃないかと思います。
この日はサルビアが植わっており、風車の横の方はコスモスでした。
このフィルム、青色はきれいに出ますね。
1.鶴見新山の風車f0063363_1240384.jpg
α-9 with Carl Zeiss Jena Pancolar 50mmF1.8







2.サルビアを画面いっぱいに^^
やっぱり赤の発色はすごい。f0063363_12411290.jpg
α-9 with AFマクロ100mmF2.8

3.定番になりつつありますね^^;f0063363_12412954.jpg
α-9 with AFマクロ100mmF2.8

4.実りの秋f0063363_12414578.jpg
α-9 with AFマクロ100mmF2.8

5.ススキ。f0063363_1242032.jpg
α-9 with AFハイスピードアポテレ200mmF2.8

これでオフ会の写真は終わりです。
いよいよ、ネタ切れ^^;


前回の記事で、なぜフィルムをメインにしたのかということを書きましたが、実はフィルムカ
メラでもう一つやってみたいことがあります。
それはツァイスレンズを使って、コダクロームで写し撮る。
どこかでこういうのを見たことがあって、たしか
「世界で最高のツァイスレンズと世界で最高のコダクロームの組み合わせ・・・・」
というような内容でした。
本当に両者が世界で最高なのかは、人それぞれの価値観なので何とも言えませんが、ちょっと
気になったのでやってみようかと思ってます。
フィルムはとりあえず、1本買ってあります。あとはいつ撮るか、ですね。

去年の春に約10年ぶりで写真を再開しました。その頃と今を比べて違うのは、デジタルが主
流と言うことはもちろんですが、コダクロームを現像に出して上がってくるまでの時間です。
10年ぐらい前だと中2日ぐらいで上がってきたのが、近所の写真屋さんで聞くと、中4日だ
そうです。月曜の朝に出して土曜の夕方に仕上がり。土曜が休みだとすると、翌週月曜になり
正味一週間です。プロラボに確認すると、ここでは中2日とのことでした。
現在日本でコダクロームを現像できるのは私が確認したプロラボの東京現像所だけだそうです。
仮にここに持ち込めば、良いタイミングだと3時間ぐらいで上がってくるそうです。
さびしいですが、銀塩写真の衰退を感じてしまいました。
[PR]
by masa | by masa6521 | 2006-10-07 12:51 | 草花
<< 淡路島スナップ(1/3) 植物編 鶴見緑地でオフ会(4/4) >>