クリスマスローズ
ベランダに置いてあるクリスマスローズ。
今年はたくさんの花を咲かせました。
そんなわけで、久しぶりに100mmマクロの登場です。

f0063363_274014.jpg







f0063363_281848.jpg


f0063363_28316.jpg


f0063363_284453.jpg


f0063363_285412.jpg


使用機材:α-7DIGITAL with AFマクロ100mmF2.8


【ちょっとした比較】
クリスマスローズを被写体にして、2本のレンズを比較してみました。
1本はミノルタAFマクロ100mmF2.8。
もう1本はニコンのAi AF Zoom Nikkor28-105mmF3.5-4.5D。
ニコンのレンズは105mm側でマクロに切り替えると撮影倍率1:2になります。
ただインナーフォーカスなので、被写体までの距離が近くなるにつれ、実効焦点距離が
短くなってきます。(だいたい50mmぐらい。)
そのため、花を同じような大きさに写してもカメラから花までの距離は違うし、絞り優先
AEで撮ってますが、カメラごとの測光のクセや光線状態の違いによって露出も違って
きています。
しかも、マクロレンズとズームレンズの比較なので、参考にならないこと間違いなしです(爆)

比較なのでフレームは付けていません。また、クリックすると少し大きくなります。

f0063363_291951.jpg
α-9 with AFマクロ100mmF2.8 EBX (ELITECHROME ExtraColor)


f0063363_293759.jpg
Nikon F100 with Ai AF Zoom Nikkor28-105mmF3.5-4.5D EBX (ELITECHROME ExtraColor)


f0063363_295687.jpg
α-9 with AFマクロ100mmF2.8 EBX (ELITECHROME ExtraColor)


f0063363_2102051.jpg
Nikon F100 with Ai AF Zoom Nikkor28-105mmF3.5-4.5D EBX (ELITECHROME ExtraColor)

絞りはミノルタがf4、ニコンは開放のf4.5で撮ってます。
ポジ原版を見た印象ですが、私の目ではパッと見はあまり変わらないです。
(ハイ、私の目は節穴です:笑)
ボケはミノルタの方がきれいですけど、ニコンもズームにしてはマシかなぁという程度で、
シャープ感はニコンの方が上かなという気がします。
というより、ミノルタは柔らかいんですね。
発色はミノルタは暖色系でニコンは寒色系です。
まだニコンのマクロレンズを試していないのですが、今のところ花を撮るならミノルタと
いう結論です。
今回、撮っていて思ったんですけど、ミノルタの100mmマクロ。
接近戦で本領発揮という感じです。クリスマスローズ程度の大きさの花を画面一杯に撮っ
た時のボケ方と、さらに寄った時のボケ方を比べると、より被写体に近づいた時の方が滑
らかなボケ方になるようです。(2枚目参考)
このボケ方、私は好きです。
そんなわけで、ソニーのαは一台は必要かも^^

昨日(3/13)ママさんが梅と河津桜を撮ってきました。
レンズはもちろん100mmマクロ。
やっぱこのレンズはいいです。でも、なぜか1枚目の画像は真っ黒(爆)
αSDもそろそろヒマをやらないとダメかなぁ~^^
[PR]
by masa | by masa6521 | 2008-03-14 06:16 | 草花
<< 早春の便り 光を浴びて >>