春のオブジェ
タンポポの種
f0063363_18293886.jpg



瓶に閉じこめてみました^^
f0063363_1830099.jpg




f0063363_18301473.jpg







 
作り方

1.材料は、
  ・花の終わったタンポポ。
f0063363_18332268.jpg



  ・焼き海苔に入っている乾燥剤。
f0063363_18334465.jpg



  ・ゼオライト。今回は乾燥剤に合わせて白色のものを選びました。(100均で購入)
f0063363_18335977.jpg



  ・番線。(ビニールの被覆のついた物を使いました。)
  ・アクリルボール。これも100均で購入。
  ・適当な大きさの瓶。牛乳瓶なんかがいいと思います。これも100均で購入。

  
2.タンポポの茎に入れて、タンポポを支える台座を番線で作ります。
  種が開いた位置を考えて、高さを決めます。
f0063363_18342947.jpg



3.瓶に少しだけゼオライトを入れます。(瓶の底が見えなくなる程度)

4.次に瓶の中に台座を入れますが、瓶の口が狭いので台座は少し変形させて入れます。
  台座が瓶の中に入ったら、割り箸などで形を整えます。

5.続いてゼオライトと乾燥剤を入れます。入れる量は適当^^;
  今回は厚さ1cmぐらいで、ゼオライトと乾燥剤の比率は1:1です。
f0063363_1835122.jpg



6.ピンセットでタンポポを掴んで、台座にセットします。
  
7.蓋をして出来上がり。
  翌日~数日後には種が開きます。
f0063363_18352184.jpg




これとは別に台座にタンポポをセットして、開いていく様子を撮りました。
一番左を基準にして左から6時間25分後、15時間後、16時間後
f0063363_18353794.jpg



2枚目の続きで左から、17時間後、18時間後、19時間後、20時間後
f0063363_18355042.jpg



α-7Dのインターバルタイマーで撮ってみました。

まだ、タンポポは咲いていると思うので、一度作ってみてください。
[PR]
by masa | by masa6521 | 2008-04-24 18:44 | その他
<< 落下傘 超望遠で花マクロ ぱ~と2 >>