季節は逆戻り(^^;)
f0063363_14451053.jpg
オリンパスNewOM-2 with タムロン70-210mmF3.5 コダクローム64

1つ前が梅で、もうすぐ春と思わせておいて、いきなり冬に逆戻りです。
今回は'86年の写真です。冬と言っても撮影したのは3月です。
↑の写真、夕焼けではありません。朝焼けです。オホーツク海に昇る朝日を撮ろうと思い、紋別へ行きました。
駅に着いてから薄暗い中を港目指して歩きましたが、寒さは寒いを通り越して痛いでした。
港へ到着後、寒い中三脚をセットしてカメラを載せたいところですが、まだ夜明けまで時間があるので、三脚だけ
セットしてカメラはジャンバーの中です。寒さで電池が弱るのを防ぐためです。ワインダーも付けてましたが、これ
は列車の中で取りはずしてあります。寒い中モーターでフィルムを巻き上げると、フィルムの端の穴の部分、
パーフォレーションというんですが、その部分が破断するからです。
-5℃ぐらいまでなら大丈夫そうですが、夜明け前は冷え込むので念のためそうしました。
さて、陽が昇りはじめシャッターを押しては、手で少しずつ巻き上げます。
しかし、3~4回に1回ぐらいの割合でシャッターが切れません。電池をはずして手で暖めてから再度セットすると
またシャッターが切れます。どうも寒さで電池が働いていないようです。それの繰り返しで18コマぐらい撮りました。
撮影を終え駅へ戻り、待合室のストーブの暖かさにホッとしますが、寒い中1時間半ほど外にいたので身体の芯
まで冷えたのか、少しストーブから離れると震えてきます。
翌日の新聞で知りましたが、この日の紋別の最低気温は-20℃だったそうです。
どうりで電池も持たないわけです。
白金カイロも持っていて、カメラに当てていたのですが、気が付くと消えていました。恐るべし-20℃。

【ちょっと追記】1枚目の下に写っている海、凍っています。流氷で埋め尽くされています。




f0063363_14454247.jpg
オリンパスNewOM-2 with タムロン70-210mmF3.5 コダクローム64

紋別から遠軽を経由して旭川へ行く途中、大雪山がきれいに見えていたので、上川で急遽下車しました。

f0063363_14462573.jpg
オリンパスNewOM-2 with タムロン70-210mmF3.5 コダクローム64

f0063363_1446425.jpg
オリンパスNewOM-2 with タムロン70-210mmF3.5 コダクローム64

f0063363_14471923.jpg
オリンパスNewOM-2 with タムロン70-210mmF3.5 コダクローム64

3~5枚目は狩勝峠です。昼間にここを通るのは'85年が最初で最後という風に前の方の記事で書きましたが、'86年の
写真を整理しててビックリ。翌年にちゃっかり通っています。しかも撮影目的だったようで、たくさんのカットがありました。


f0063363_14475640.jpg
オリンパスNewOM-2 with タムロン70-210mmF3.5 コダクローム64

根室の納沙布岬です。遠景に国後島が見えています。北方領土の問題を無視すれば、事実上ロシア(旧ソ連)です。

f0063363_14481788.jpg
オリンパスNewOM-2 with タムロン28-80mmF3.5-4.2 コダクローム64

ミニミニ氷山(^^)

f0063363_14483268.jpg
オリンパスNewOM-2 with タムロン28-80mmF3.5-4.2 コダクローム64

納沙布岬の先端。日本人が何の制約も受けずに行くことのできるもっとも東の端です。
岬を境に右は太平洋、左は根室海峡を経てオホーツク海に続いています。



     
[PR]
by masa | by masa6521 | 2006-02-27 19:01 | お出かけ(北海道)
<< 万博公園の梅(赤色とピンク色の梅) マクロ梅 >>